2007年 03月 26日

大切な本(3)

ガーデニング関係の書籍の数は年々増えているが
どれも同じような内容のものでサッと目を通すだけということが多い。
素人さんでもプロ顔負けの完成度の高い庭を作られていたり、
土、肥料、無農薬での庭管理などもそれぞれ個人で研究して
HPで紹介されている方もみえる。
私も庭関係の本をいくつか持っているがこんな本が欲しかったと思える本にめぐり合えた。
c0110870_2320913.jpg

左:<小さな庭に四季をつくる 水谷照美さんのナチュラルガーデン>
   水谷さんの庭の四季を紹介
   庭の位置によって植える植物の違いや植物の映える置き方、
   場所によってテーマを作り楽しむ方
   管理の仕方や雑貨の紹介など、まさしく私の求めていた本。
   右:<七栄グリーンのコンテナスタイル>
   少し寄せ植えの方法が一般的に定説とされている植え方ではなく
   独特の方法が紹介されている。
   まだ試す気にはなれないが、生け花のように植えるという考え方や
   落ち着きのある大人びた花の組み合わせは、どれも取り入れたいと
   思うものばかり。
この二冊は私の庭関係の本の中でもバイブル的存在になる本。

ハナズオウのつぼみ
c0110870_23202632.jpg
c0110870_2320519.jpg
もう少しするとモコモコっとした花が咲く。

ベロニカ・オックスホード
c0110870_23225580.jpg

このブルーのじゅうたんが大好き。
1週間ほどで花は終わってしまうが毎年この時期が来るのが楽しみ。
[PR]

by spice7t | 2007-03-26 23:12


<< かりんとう      鶴亀堂 >>