spice tea

spice7t.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 11日

大切な本(1)

息子が中学1年の時、本屋の片隅でみつけてきた本
c0110870_22533750.jpg

1988年 夏の甲子園準々決勝
大リーガーになった松坂大輔選手が戦った伝説の試合
アサヒクラブの記者たちがこの試合を形に残したい、
一つひとつのプレーをじっくりと再検証する形で
たった野球一試合をドキュメントとして1冊の本にしたいと。。。

私は野球にあまり詳しくないのですが
当時中学生になり硬式の野球のクラブチームに入った息子の
おかげでこの本にめぐりあえました。
PL学園の遊撃手の本橋選手は中学1・2年に所属したクラブチームの先輩。
先輩の父兄からも、すごい試合だったと聞いた事を覚えています。
息子のおかげで主人も私も、もちろん息子自身も多くの方々に出会い
支えられてきました。
松坂選手と重ねるのは非常におこがましく、申し訳ないのですが
息子の野球をみんなで応援した日々を思い出させてくれる一冊です。
[PR]

by spice7t | 2007-02-11 23:31


<< ル・クレーゼ      50円の幸せ >>